生活に影響してしまう排水管の水漏れ

生活に影響してしまう排水管の水漏れ 住宅には、必ず排水管が取り付けられています。それもひとつではなく、水回りの設備ごとに設置されているのが一般的です。快適に過ごすために欠かせない役割を持っており、水漏れなどで機能しなくなれば、大きな影響を与えてしまいます。キッチンや洗面所だけではなく、風呂やトイレにも排水管があります。これらの設備に排水管がなかったとしたら、使った水はその場に溜まってしまいます。清潔な環境を作ることができなくなり、健康にまで悪影響を及ぼします。正常に役割を発揮させていくためには、定期的に点検することも必要です。詰まったりしないように、普段から注意が必要です。

■下水本管に流すための排水管

水回りの設備として重要になる排水管は、使った水を下水の本管に流すために取り付けられています。水回りにはさまざまな役割がありますが、一度使った水は、決してきれいではありません。汚れを落としたり、汚物を流したりするために使われるからです。このような汚水を流さずに放置すれば健康的にも問題が発生します。生活も正常に送れなくなってしまうでしょう。住宅の中にはさまざまな設備がありますが、その中でも機能しなければ、大きな影響を与えてしまう設備です。もしも、詰まってしまうようなことが起きれば、配管内で水たまりのようになっていきます。使えば使うほどあふれだしてくることになれば、その水回りを使用することはできなくなります。給水も大切な機能を持っていますが、排水とセットにしてはじめて能力を発揮できるのは間違いありません。

■水漏れが生活環境に影響を与える
排水管 水漏れが発生することがあります。目に見える場所であれば、対処することができることもあります。キッチンの下には、ほとんどの場合収納スペースが作られています。ここを覗けば、排水管を見つけることができます。ところが、トイレや風呂の排水管は、目に見える場所を通っていません。床下などに配置されてしまうため、隠れた場所になり、水漏れを起こしたとしても気が付くのはかなり遅れます。汚水が床下などで漏れてくることを想像すると分かりますが、単純に濡れるだけではなく、虫がわくこともあります。知らず知らずのうちに生活環境を侵食されることになるので、迅速に修理しなければいけません。当然、こうした状況が生まれないように点検を行なうことが大切です。

■専門業者の点検や洗浄も大切

水漏れにはいろいろと原因がありますが、内部でさまざまなものが付着してしまうのも問題です。キッチンでは食材がごみとなり流れて付着してしまうことがあります。食器や調理器具を洗ったときに油が流れていきますが、これが固着してしまうことも問題です。洗面所や風呂場では石鹸や洗剤を使うため、これらが配管内に付着して、どんどん細くなってしまい、やがて詰まってしまうことも起きます。加えて、目に見える場所ではないのが発見を遅らせる要因です。パイプクリーナーなどを使う方法もありますが、専門業者による点検や洗浄も視野に入れておくべきでしょう。表面上ではなく、確実に洗浄してつまらない状況を作れば、排水管の寿命も伸ばすことができます。

■まとめ
排水管が機能しない状態は生活に影響を与えます。トイレなどでは、より大きな問題にもなることが考えられます。階下に流れてしまえば、自分だけの問題では済まなくなる事態に発展します。実際にどんなことに気をつけるべきなのか、わからないこともあるはずです。業者の洗浄方法も含めて、まずは水漏れを起こさないようにする対策として、予防方法や前兆を知っておくと安心です。さらに、問題が起こった場合にすばやく対処できるように準備しておくと冷静に動けます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース