配管の水漏れ、排水管の場合の対処法

■配管の水漏れは主に2種類

配管の水漏れは、どこから漏れているかによって対処法が異なります。
主に2種類あると言われていますが、1つは給水管です。給水管とは水を運ぶ配管のことで、水道管の種類の中のひとつです。非常に圧力が高いため、破裂や破損による水漏れを起こしやすいと言われています。簡単に破裂したり破損したりするものではありませんが、地震や凍結などによって起こりやすいので注意しておきましょう。
もう1つは排水管です。水を使用すし、下水へ排水する役割のある配管になります。洗面所やキッチン、トイレなどで使用した水はすべて排水管を通って外へ排水されます。給水管のように圧力はかかっていませんが、経年劣化によって水漏れを起こしてしまう場合がありますので、やはり注意が必要になるでしょう。

■応急処置に役立つアイテム

それぞれの配管から水漏れを起こしている場合、業者に依頼するのが賢明ですが、すぐに対応してもらえるとは限りません。そのままにしておくとあちこち水浸しになってしまう可能性がありますから、応急処置の方法を知っておくと安心です。
給水管の場合は、配管補修用テープで応急処理ができます。いろんなタイプのものがありますが、できるだけ耐久性の高いものや強度のあるものを選びましょう。水漏れを起こしている箇所に何重もきつく巻きつけるだけで、ある程度排水管の水漏れを防ぐことができます。
一方で排水管から水漏れしている場合は、下にバケツや雑巾を置くか、給水管と同じように配管補修用テープで応急処置をします。目に見えない場所かた水が漏れている場合は、元栓や止水栓を止めるか、早めに業者に依頼しましょう。

■水漏れのチェック方法
さまざまな方法で水漏れを確認することができます。ジャバジャバと漏れている状態よりも、排水管や給水管といった配管から漏れているケースのほうが厄介なので、異変を感じたらすぐに確認し、応急処置をしておきましょう。
水漏れの確認場所は、量水器や音などで判断できます。量水器を見るとどんなに小さな水漏れでも分かりますから、すべての栓を締めてから観察してみてください。栓を止めているのに量水器が動く場合は、給水管から水が漏れている証拠です。目に見える場所であれば目視でも判断できるでしょう。
音で確認する場合は、栓を締めたあとに分かります。水音が聞こえてくるのであれば排水管などの配管に異常が発生している可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ