排水管からの水漏れは注意が必要

■気が付きにくい排水管の水漏れ

水漏れにはいろいろなタイプがあります。トイレが逆流して水が溢れてしまう、台所などの蛇口から水がぽたぽたと漏れてしまっていたりする場合は、生活しているうちにすぐに見つけることが可能です。しかし、排水管は生活していても室内から確認しにくい場所にあると見つけることが難しい場所です。水溜まりができてしまっていたり、急に水道代が上がってしまって、初めて気が付いたというケースも少なくありません。初期症状で気が付いていれば簡単な処置で直せたものも、気が付くのが遅くて悪化してしまうと大掛かりな修理が必要になってしまうことも少なくありません。初期症状を見逃さないことが大切です。

■排水管からの水漏れサインとは

見えない場所からの水漏れに気が付くためには、水漏れのサインをきちんと感じ取ることが重要です。水漏れのサインとして、最初にチェックしたいのが水道料金でしょう。給水部分から水漏れが起こっている場合、急に水道代が高額になったら使用している以外に水が出ている可能性があります。ただ、少量ずつ水が漏れていると、なかなか急な請求額の変化がないので気が付かない場合も考えられます。
水漏れのサインは臭いにも出てきます。排水口や排水管から水が漏れていると、水道代の変化は起こりませんが、排水の臭いが逆流してくるので、いやな臭いが水回りから発生します。
排水口や排水管にトラブルが起こっている場合が多い症状の一つです。他にも、床の一部が暖かかったり、湿っていたりしたら床下で水漏れを起こしている可能性もあります。見えない場所での水のトラブルを放置していると、地盤沈下や床下の腐食につながるので危険です。

■排水管から水漏れが起こったら
排水管の水漏れの可能性がある場合、まずは水道の下をチェックしてみましょう。水回りから下水のような嫌な臭いがしていたり、排水管の回りが濡れていたりすると、排水管からの水漏れの可能性が非常に高いです。水漏れのポイントを探して見つけられれば、応急処置をしたり、場合によっては自分で修理することもできます。
しかし、ポイントを探しても見つけられない場合には、床下や見えない排管部分から水漏れを起こしている可能性が高いです。見えない部分でのトラブルは家全体にダメージを与えてしまうこともあります。修理が必要な症状であれば水回りの専門修理業者や、ハウスメーカー、管理会社などに連絡をしましょう。築年数や保険の条件によっては、水のトラブルの保証があるケースもあります。きちんと確認してできるだけ早めの対策をとりましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ