排水管からの水漏れ対策!安い料金で解決する方法

■排水管はなぜ水漏れするの?トラブル原因を知っておこう

使用済みの排水が流れる排水管から水漏れが発生すると、水回りの使用が制限されるだけではなく、状態が悪化して二次被害を引き起こす恐れがあります。早めに対処しておけば安く済んだはずのトラブルも、放置することで料金が高額になりかねません。水回りのトラブルは、少しの漏れであっても早期解決する事が大切です。適切な対処を行う為にも、なぜ排水管から水漏れが起きるのか、その原因について確認しておきましょう。
水が漏れ出る原因は、大きく3つの要因が考えられます。まずは単純に接続部分のナットのゆるみです。次に、パッキンなどの部品、配管本体の経年劣化、破損が原因であるケースも多いです。あるいは、つまりが原因で水が流れにくくなり、接合部分から水が漏れ出るケースも少なくありません。

■修理料金を安く済ませたいなら!自分で修理してみよう

排水管の水漏れが起こった時、やはり気になるのは修理料金がどれくらい必要になるのかという点です。まずは状態を確認し、原因と発生箇所が特定できるようなら、自分でできる修理方法を試してみてください。症状が軽くパーツや商品が自分で入手できる場合には、早く、安い料金で解決する事ができます。
まずはナットの緩みがないか、レンチなどの工具を使って確認しましょう。しっかり閉めても漏れが解消されない場合には、中のパッキンが破損または劣化している可能性があります。パッキンはホームセンターで購入できますので、ご自身でパッキン交換を行ってみてください。つまりが原因ならラバーカップやパイプクリーナー、ワイヤーブラシなどでつまりを取り除いて様子をみます。

■自分で直せるかどうかを見極めるポイント
あまりに状態がひどい場合には、闇雲に触るとかえって被害を拡大させてしまう恐れがあります。結果的に料金が高くなってしまうケースもありますので、自分で直せないと判断した時は、すぐに専門業者に連絡し調査してもらいましょう。
自分で直すことができる判断基準としては、水漏れの状態がポタポタと滴る程度の場合、取り外し可能な部品や本体である場合、トラブルの原因がはっきりしている場合です。ただし、症状が軽くても自分で直す自信がない時には、無理に修理しようとせず、専門業者に依頼した方が賢明です。排水管から水漏れしているかどうかの判断ができないケースも、一度調査もかねて専門的に見てもらう事をお薦めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ