排水管の水漏れで業者に依頼する場合にかかる料金

■排水管の水漏れが起こる理由

排水管から水が漏れる原因として多いのは、排水管そのものが劣化することや排水管同士の接合部分が緩くなることです。中に異物が入り込み、水が抜けずに逆流して漏れるケースもあります。
部品が劣化して水が漏れる場合は、新しい部品と交換することで修理も可能です。接続部分が原因になっている場合はナットの締め直しや、中の異物が原因になっている場合は、異物を取り除くことで水漏れは防げます。
マンションやアパートなどの集合住宅だと、排水管の落差が小さく、構造的な問題で排水管詰まりが起こって水が漏れるケースも少なくありません。修理する場合は、どんな原因で水が漏れているかを把握することが大事です。原因が分からない場合は、無理をせず業者に依頼して見てもらいましょう。

■修理にかかる費用の内訳

排水管を修理するためにかかる費用は、大きく分けて、工賃、パーツ代、メンテナンス費用などです。業者によっては、相談や点検料を別途で徴収することもあります。業者を料金で比較する場合は、トータルでかかる料金を比べることが大切です。
自分で必要な道具を集めて修理できることもあります。この場合、かかる料金はパーツのみとなります。工賃やメンテナンス費用がかからないのはメリットですが、修理する手間が多くかかる場合もあります。
作業内容や交換部品によって、修理にかかる費用は大きく異なる点に注意しましょう。料金があまりにも安い業者を見つけた場合は、どうして安いのか、自分で納得できるように確認することが大切です。相場を把握しつつ、信頼できる方法で水漏れ対策をしましょう。

■修理にかかる費用は事前に確認
排水管から漏れている水の量によっては、他の部屋に浸水する可能性や、集合住宅なら他の住人に迷惑をかける可能性があります。水漏れトラブルは、早期の対策が必要になるケースも多いので対応に追われることも少なくありません。
業者によって設定している修理費用は異なるので、少しでも安く修理するのが理想です。慌てて業者を選んで後悔しないためにも、無料見積もりサービスなどを使って業者が設定している価格を調べておくと良いでしょう。
排水管のトラブルは出張サービスが基本になるので、連絡して即座に対応してもらえるかどうかについても、料金設定以外で気にすべきポイントです。基本料金はホームページの料金ページからチェックできる業者も多いですが、対象範囲や修理内容によって料金が大きく変わる場合もあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ