排水管の水漏れは定期的な清掃で防ぐ

■排水管を清掃して水漏れ知らずに

排水管は、きれいさを保つことで排水管内に溜まった汚れだけではなく排水管自体の腐敗などを防ぎ、長持ちします。できるだけ固形物は流さないように排水口にネットをはっておくと、排水管内のきれいさを保てます。また、重曹や酢、クエン酸などを使い、定期的に清掃を行うのも良いです。これらはヌメリを除去してくれるので、流れをスムーズに保ち、つまりの解消にも繋がります。そして、つまりによる力が排水管にかからなくなるため、水漏れも発生しにくくなります。もしも、しっかりと清掃したいなどの理由がある場合は、技術を要するものや破損に繋がりかねない清掃方法はなるべく避け、水道業者へお願いするようにしましょう。

■水漏れを引き起こす可能性のある清掃方法

清掃しているときに排水管を破損させてしまい、水漏れが起こるケースがあります。排水管はさまざまな方法でキレイにできますが、やり方を間違えるとどんなに新しいものでも破損や劣化の原因になるので気をつけなければいけません。
水道業者に依頼すると、ドレンクリーナーや高圧洗浄機を用いて排水管の清掃を行ってくれます。これらは、それぞれ使用方法は異なりますが、排水管の中に溜まった汚れや固形物を吹き飛ばす機器で、家庭用としても販売されています。
しかし、手軽ではありますが、家庭用のを使用して自分で行うと排水管を破損させてしまう恐れがあります。特に、築年数の古い住宅は排水管も古くなっていますから、注意してください。水道業者であれば技術や経験を培ったプロが対応してくれるので、なるべく業者に依頼して適切な方法でキレイにしてもらいましょう。

■排水管から水漏れが起こった場合の応急措置方法
もしも排水管を清掃中に破損させてしてしまい、水漏れが起こってしまったら、すぐに水道業者へ連絡をします。慌てず落ち着いて、現在の状態や水漏れが起こった経緯や箇所を伝えます。
しかし、水道業者が駆けつけてくれるまでそのままにしておくと、水がどんどん漏れて大変なことになってしまいます。応急措置を施して、被害の拡大を防ぐよう努めましょう。
応急措置の方法としては、破損して水漏れを引き起こしている場所に漏水専用の補修テープを巻き付ける方法があります。このときに、ぎゅっと強く巻き付けることがポイントです。巻き付けている間にも水漏れしていくという場合は、その場所にバケツを置いておくと被害を抑えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ