排水管の水漏れを予防できる洗浄方法

汚水を流す排水管は、水道管とは異なり、どうしても汚れが蓄積して詰まりだします。設備の性格上避けられない部分になるため、対策をしていかなければいけません。クリーナーを使っていくなど、異物が詰まらない状況をつくることが大切ですが、家庭では限界もあります。水道 修理を専門としているところでは、さまざまな方法で洗浄することが可能です。

■薬剤を使って強制的に溶かす

排水管にはさまざまな汚れが付着していきます。わずかなものと思っていると、これが蓄積して排水管内を細めていき、簡単に詰まってしまい、水漏れにつながっていくのが問題です。汚れを流してしまえば問題ありませんが、排水管の中は見えません。これが対処を難しくしているポイントです。そこで、専門業者では、さまざまな方法で洗浄ができるようになっています。特殊な薬剤を使い、内部の汚れを溶かしてしまう方法は洗浄として有効です。付着してしまった汚れを溶かしてしまうことで、新品と同様の状況を作っていけます。こうした薬剤は素人が扱うには大変危険です。メンテナンスとして定期的に依頼すれば、排水管の寿命を延ばすことができます。

■高圧洗浄機で汚れを強制除去する

排水管は、汚水を流すための設備です。そこで、高圧洗浄機を使って強制的に洗浄する方法があります。薬剤は有効な手段ですが、どこまででも届くわけではありません。少しでも洗浄力を届かせるために、高圧洗浄機を使う方法は、ノズルさえ届けば有効な範囲を広げられます。特に汚れが付きやすいキッチンでは有効な方法で、悪臭がひどい場合には問題の原因から押し流していけます。害虫の発生なども抑制できるようになり、清潔な環境を作り出せます。時間もそこまで必要なく、一般家庭であれば1日あれば十分です。最悪のケースとして大規模修繕が必要になる可能性も下げられるのでおすすめです。逆流してくるようなこともなくなるため、各所の予防としても有効でしょう。

■まとめ
専門業者の持っている高圧洗浄機は、ホースをつなぐことでかなり奥の方まで力を伝えられます。配管の汚れを物理的に押し流していくため、水漏れ対策として確実な方法です。日常的にメンテナンスするのは重要ですが、そこに専門のメンテナンスを組み合わせれば、非常に有効な対策となります。排水できる環境がなければ水回りは使えません。生活に欠かせないので、管内の洗浄も考えておくべきです。専門業者に依頼すればその他のトラブルも相談できるので便利です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ