排水管の水漏れ時に自分でできる補修の方法

■様々な場所の排水管でトラブルが起こる

自宅の水回りは様々な場所があります。中でも多く使用する場所がトイレとキッチン、浴室です。それぞれの場所では排水を屋外に流す排水管があります。この管は日々排水が流れるため、経年劣化を起こしやすく、場合によっては水漏れが生じる場合もあります。
トイレの場合は、トイレの排水を通す管がありますが、便器とつながっていて目で見えるタイプと便器下にあって直接見えないタイプもあります。またキッチンの排水が流れる管がシンク下にあります。さらに浴室にもあり、一般的には浴槽と洗い場の両方にあります。
このように水回りには必ず排水管がありますが、詰まったり水が漏れる、異臭がするといった様々なトラブルが見られます。中でも多いのが水漏れです。

■応急処置の方法

水回りにあるパイプでは様々なトラブルがあり、中でも水漏れは多く起こります。その際には周辺が濡れたり、異臭がしてしまうことがあります。濡れて見た目が悪いだけではなく、異臭がすると生活に大きく支障をきたしてしまいます。
水が漏れた場合には早急に処置が必要になります。一般に応急処置をしても修理が完了するわけではありません。あくまでも一時的な処置となります。
具体的に排水管の破損個所がわかれば、テープやパテで水の漏れを塞ぎます。パテは扱いが難しいと感じる方もいますが、テープなら誰でも簡単に補修が可能です。自己融着テープや防水補修テープがありますが、費用にあったタイプで補修をするといいでしょう。また周辺に雑巾を置いておくようにしてください。

■いずれにしても修理が必要
排水管の水漏れが起こった場合には、一時的な応急処置をしておくと漏れを防止できます。ただそのまま放置するのではなく、一度点検を水道修理の業者に依頼しなければなりません。水の漏れはどの家庭でも起こるため、トラブルが生じる前に信頼できる業者を見つけておくと早く対応が期待できます。
応急処置をした後に、具体的な症状とトラブルが起こっている場所を確認しておいてください。その情報を詳細に業者の方に伝えます。そうすればかかる費用も詳細に案内してくれます。
修理を早急にすれば、かかる費用もできるだけ低く抑えることができます。ただ放置する期間が長くなるほど症状は悪化していきます。そうなると思った以上に費用が掛かってしまうこともあります。そのため修理の依頼はできるだけ早く行うようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ