排水管のつまりによる水漏れの予防にもつながる洗浄

■つまってしまい水漏れを起こす

排水管の水漏れには、さまざまな原因があります。排水管の特性として、使われている管は圧力がかかる状況を想定していません。上から排水された水が流れていき、下水本管まで到達する設計で、自然の流れを利用しています。給水管のような圧力がかからないため、どこかでつまってしまい流れなくなると、逆流したり弱いところで水漏れが出てくる可能性が高まります。つまりが起こるとさまざまな弊害が発生するため、異物を流さないように使用しましょう。
排水管の中は、簡単にのぞくことはできないため、つまったときにどうやって洗浄するのかも、長く使うためには大きなポイントになります。設置している場所や設備に適した方法もありますし、専用の機材を使った対処方法もあるため、適切な方法を選ぶのが大切です。

■パイプクリーナーできれいに

排水管の洗浄方法として一般的なのは、パイプクリーナーなどの薬剤を使う方法です。内部の異物を溶解してしまう方法で、異物がつまる前に使うと有効です。理由は明確で、溶解するために薬剤を投入しても、どこかに流れてくれなければ解消しません。完全につまってしまえば、表面上溶かしても完全には解消できなくなるためです。水漏れしている場所に流れ出してしまうかもしれません。
今後の予防策として利用するのが有効な方法です。一定の間隔で排水管の内部をきれいにするという目的で使えば、予防効果が期待できます。
注意点は、つまっているものによって使われる薬剤に違いが出てくる点です。キッチンとバスルームではつまる異物にも違いがあります。それぞれ専用のものがあるため、適切なものを選びましょう。

■ワイヤーブラシや高圧洗浄機
排水管内の洗浄として、水漏れの原因を物理的に除去する方法があります。配管用ワイヤーブラシを挿入して内部を掃除するのは、一般家庭でもできる可能性のある方法です。配管内部に挿し込み、回転させたりしながら異物を取り除いていきます。手軽な方法ですが、ワイヤーの長さにも限界がありますし、配管に余計な力を掛けて破損することもあるため慣れが必要です。
業者に依頼すれば確実で、高圧洗浄機を使って洗浄してもらえます。水に圧力をかけて噴射させ、この力で配管内の汚れを落とす方法です。下流側から挿しこんでいき、水の力で推進させるため、かなりの長さが進みます。薬剤などを使いませんし、必要以上に配管に力をかけません。一般家庭では機材の調達なども難しいため、業者に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ