異物がつまり排水管で水漏れする前にメンテナンス

排水管に異物がつまり、水が流れなくなると、水漏れしてしまうことがあります。そのようなトラブルを予防するためには定期的にメンテナンスをすることが重要です。あまりにひどい時には、水道 修理業者に依頼することも必要ですが、日常からメンテナンスをしてあげることで設備を長持ちさせることができます。簡単な方法で詰まりを予防できるので、実践することで快適に生活することができます。

■日常的に流れてしまう汚れとメンテナンス

簡単な方法として、排水管用のパイプクリーナーを使う方法があります。排水口に取り付けられている部品を外して、内部に必要量を流し込みます。説明に書かれている時間に従って放置し、水を流すだけの方法です。風呂やキッチンで使われることが多い方法ですが、絶対に複数のパイプクリーナーを使わないのがポイントです。有毒のガスが出てしまうため、使用法は守らなければいけません。風呂でもこの方法が有効ですが、つまりが改善しない時には、トイレに使われているラバーカップも併用してみるといいでしょう。溶解した汚れに押し流す力を加えて、改善させることができるからです。水が溜まっていることが条件ですが、そもそもこういった状況になる前に、定期的なメンテナンスをしなければいけません。

■固形物が詰まってしまうケースは

全く改善できない場合、より大きな固形物が詰まっている可能性があります。排水管の中には落ちないようにはなっていますが、ヘアキャッチャーなどを外した時に子供のおもちゃなどが流れ込んで詰まるようなケースがあります。床や壁に使われているタイルが割れて流れ込むようなことも起きないわけではありません。こうした固形物は、パイプクリーナーでは溶かせませんし、物理的に押し流すこともできません。手が届くところで見えれば対処できますが、内部に流れ込めばどうしても届きません。詰まっているものがはっきりしなければ、家庭内で使えるものでは取り除くことができないので、専門業者に依頼して除去しなければいけないケースです。

■まとめ
日常的に詰まらないようにしておくことが大切です。最近では、キャッチャーに取り付けられるネットもあり、これまで以上に除去できるようにはなりました。それでもゼロにできないのは、石鹸や皮脂汚れがあるからです。定期的にメンテナンスするだけでも防止できますが、専門業者の点検も組み合わせていけば、詰まって風呂が使えない事態は避けられます。日常生活に大切な場所であるので、水漏れ対策としても検討しておくべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ