水漏れ予防のために定期的に排水管を清掃しよう

■ブラシを使用する方法

排水管の水漏れを防止するためには、定期的に清掃をすると効果的です。清掃の方法はいくつかあるのですが、個人でも気軽に行える方法があります。それはパイプブラシという製品を使用する方法です。長さもある程度あり、自由自在に曲がるように作られているので、排水管の奥の方まで届くのがメリットです。定期的に清掃をするのに経済的な負担がない方法を希望する人向けのもので、ホームセンターなどでも安価で売られているので、気軽に試してみることが可能です。
ただし、パイプブラシだけでパイプの内部が全てきれいになるわけではありませんので、1年に1度ぐらいはプロにメンテナンスをしてもらうのもよいでしょう。

■重曹と酢を使用する方法

パイプブラシを用いて定期的に排水管を磨く方法もそれなりに効果的です。しかし、排水口からある程度近い箇所はこの方法でもきれいにすることはできますが、当然奥の方までは届きません。これでは水漏れの予防対策として十分とは言えないでしょう。
そこで、個人で簡単に行える別の方法として、重曹と酢を使用する方法があります。特にキッチンで行うには材料が近くにあり、最適な方法でしょう。まず、重曹を排水口にしっかりと振りかけます。次にその上から酢をかけるのですが、これだけである程度の汚れは除去することができます。しばらく清掃をしていない場合には、2回行うのもよいです。ただし、水漏れを起こしてしまう前に行わないと意味がありません。風呂や洗面所で行う場合には、酢の代わりにクエン酸を用いる方法も有効です。

■パイプクリーナーを使用する方法
大きなスーパーやドラッグストアなどに行くと、排水管を洗浄するためのパイプクリーナーが売られています。このパイプクリーナーを使用すると、パイプブラシや重曹、酢などを使用したときよりもきれいに汚れを落とすことができます。それほど値段が高いというわけではないので、気軽に購入することが可能です。
その際、パイプクリーナーは1種類だけではなく、複数の種類が販売されています。事前に情報収集を行い、評判のよい物を購入するとよいでしょう。定期的にパイプクリーナーを使用していない場合、すでに詰まって水漏れが発生しているケースなどは、効果が発揮できない可能性も考えられます。清掃は普段から定期的に行い、常にきれいな状態にしておくことが大切です。それでも何らかのトラブルが起きた際には水道修理業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ